外科医 転職

外科医が転職する時に必要な知識をご紹介!

 

外科医が転職を考えるのはどんな時でしょうか。「キャリアアップしたい」、「年収アップしたい」、「仕事の時間を短くして私生活を充実させたい」、「Iターン・Uターンしたい」、「人間関係が円満な職場に移りたい」等、色々な理由で転職を考える外科医がいます。以前は外科医の転職というと紹介等が多かったですが、最近は、コネに頼らずに転職先は自分で探すという外科医が増えています。紹介で見つかればそれはそれで良いのですが、思っていたのと条件が異なる等、不満に思っても紹介者を立ててなかなか断りにくいなどの人間関係の悩みも付帯してくることも考えられます。自分で探す方法は、スマホやPCを使って医師転職サイトを利用するというものです。医師転職サイトは、エージェントとも呼ばれていて医療現場と医師の橋渡しの役割を持っています。最大手の医師転職サイトであれば、全国に数千件程度の求人案件が常にあり、未公開案件などの条件の良い案件もあります。希望する職種や都道府県、労働条件などを選んで絞り込みが可能なので、数十秒で外科医に適した求人情報を探し出すことも可能です。実際の転職の際にはエージェントが分からないことを教えてくれたりフォローもしてくれますから、一生に何度かしかない転職もスムーズに行うことができます。

 

 

外科医職務経歴書作成のポイント

 

キャリアが増えた外科医にとっては、市販の履歴書では書き切れないことも多く、自分の実像を明確に伝えることができません。多くの場合、求人募集に応募する際には履歴書の他に職務経歴書を付けることになります。特に求められなかった場合でも、履歴書には書き切れなかった外科医としてのスキルや実績を採用側に伝えることができるので是非、作成しておきましょう。職務経歴書は、特に決まったフォーマットはありませんのでPCを使って分かりやすくまとめましょう。日付、タイトルに職務経歴書と記載、プロフィール、職歴、免許・資格、専門分野、所属学会、主な研究、論文など、主な執刀経験、モットー等を分かりやすく記述しましょう。タイトルである職務経歴書の文字は、本文より大きめに分かりやすくすると見栄えが良くなります。一緒に提出する履歴書と職務経歴書の年月日は統一しましょう。どのような医療機関でどんな診察をしてきたかを分かりやすく記載したり、ページが複数になる場合には、ページを打つのが良いでしょう。執刀例など経験したことがある症例は、具体的に数字を挙げた方が説得力があります。

 

外科医転職時に紹介会社(エージェント)を利用するメリット

 

外科医が転職を考えた際にどんな転職方法があるでしょうか。人脈を利用して転職を考えるドクターも多いと思いますが、紹介だと口約束も多く、実際に就職してみると思っていたのとギャップがあったという場合も考えられます。外科医転職時に紹介会社(エージェント)を利用するメリットは、希望を考慮した就職先を探せることです。紹介会社(エージェント)に登録すると、担当者がついてくれて希望があれば転職のコツなどを色々教えてくれます。面談の際に希望やアピールポイントを明確に伝えれば、自分の希望に合った転職先をピックアップして紹介してもらうことも可能です。口約束の多い紹介による転職とは異なり、給与や待遇面も提示されていて、たくさんの候補から希望の医療機関を選んで転職できます。大手の紹介会社(エージェント)には、全国の数千件もの求人募集があり、特に新着求人や未公開案件などにまだ多くの人の目には触れていない良い求人募集が隠れていることも多いです。医療機関の多くは、紹介会社(エージェント)に登録していますから、自力で探すのが難しいような求人も簡単に募集内容を見ることができます。

 

 

外科医転職時の注意点

 

外科医にとっても転職は人生の大きな分岐点ですから、上手く乗り切りたいですね。外科医としての腕は確かでキャリアが豊富という場合でも、一生のうちに転職する回数はそう多くないという方がほとんどだと思います。外科医転職時の注意点は、外科医としての価値である実績や経験を明確に相手側に提示して、逆に相手側の募集内容もしっかりと把握することです。そのためには、医師に特化した求人サイト(エージェント)を利用するのがオススメです。エージェントに医師が登録すると、担当者がついてくれてその担当者にまず、どんな職場で働きたいか、自分の人柄、キャリア、実績などを明確に伝えます。しっかりと担当者に自分の希望やスキルが伝われば、最適な職場を紹介してもらえる可能性が高くなります。そのためには、まず、自分の要望やキャリアなどを書き出してみたり、PCにまとめてみると良いでしょう。誰しも好条件で働きたいものですが、ドクターによって譲れない部分とここは譲っても良いという部分は異なります。勤務地、収入、仕事内容、時間などのあらゆる条件に対して一番、優先したい物から順位をつけて行きましょう。自分の執刀例や件数、保有資格など経歴をまとめて、転職する際に武器になることを頭の中でまとめておきましょう。忙しく働いていると、自分を振り返ることってなかなかありませんよね。外科医転職の機会にキャリアを振り返ってみると新たな気づきが人生にとっての大きな収穫になるかも知れません。

 

 

外科医が紹介会社(エージェント)と面談する時の注意点

 

転職を考えている外科医が紹介会社(エージェント)と面談する際にはどんな点に注意すれば良いでしょうか。紹介会社(エージェント)は、医師と職場である医療機関のパイプ役をしてくれます。ですから紹介会社(エージェント)に自分の要望を的確に伝えたり、保持している資格やキャリアなどを上手くアピールできると何かと転職にも有利に働きます。実際の面接と同じように自分の希望や長所などをアピールすることが大切です。紹介会社(エージェント)は、医師を募集している医療機関の話を聞いてどんな医師が必要なのかを理解し、その職場に適した人材を送ることが仕事です。その道のプロですし、自分はまだ知らない色々な医療機関の内情を知っている場合も多いので、聞きたいことがあれば質問してみましょう。もちろん、適当に当て込んでしまえばミスマッチが起こって離職やトラブルに結びついてしまう為、医師の要望や長所などを汲み取ろうとして真剣に話を聞いてくれます。また、「何か質問はありませんか」というような漠然とした質問は、お互いのコミュニケーションを高める上では重要ですので、事前に聞きたいことをまとめておくのも良いでしょう。

 

 

外科医が転職するための手順・手続き

 

外科医が転職するためにはどんな手順でどんな手続きを行えばよいのでしょうか。多くの医師は、現在の職場で医療に従事しながら新しい職場を並行して探すという場合が多いです。大切なのは、現在の職場を円満に退職して、ほぼ切れ間なく新しい職場へ転職するということです。現在の職場によってどれくらい前に退職の意向を伝えれば良いのか異なると思います。一般常識としては会社員なら1か月前が多いですが、ドクターの場合は半年から3か月前、早いと1年前から転職したい旨を伝えておくという場合もあるようです。退職が正式決定すれば、同僚やスタッフに伝える流れになります。退職届の提出は病院によって必要かどうか異なりますので、提出を求められる場合には出しましょう。並行して新しい職場の面接や試験を受ける場合には、新しい職場と現在の職場の状況をすり合わせながら勤務開始日を相談しましょう。現在の職場では、仕事の引き継ぎを行いますが、主治医として長期療養の患者を診ている場合などには引き継ぎ書を作るというドクターもいます。最後に退職の挨拶をしてお世話になった職員にお礼を伝えるのが良いでしょう。

 

外科医が転職する際に登録するおすすめ転職サイト
外科医は手術の経験やキャリアをしっかりと積んでいれば、転職先に困る事はありません。
内科医や精神科医、眼科医と比較しても外科医の転職はスムーズに運ぶことが多いのが特徴です。
そのため、転職先が決まったらすぐにその病院に決めてしまう外科医が多いのですが、実は非常にもったいない事です。
医師転職サイトを上手に利用する事で、外科医の年収はそれまでの年収の1.5倍にする事が出来ます。
おすすめの転職サイトとしては、医師転職ドットコムがあります。
専任のコンサルタントが丁寧に履歴書や職務経歴書の作成を手伝ってくれますし、権威がある病院への繋がりが強いのが特徴です。
転職先が決まった時に、その病院にするかどうかの一つの目安として、年収が1.5倍を超えているかどうかがあります。
収入が多い=良い転職とは限りませんが、それだけ外科医としてあなたの資質を尊重している証でもあります。
まずは、医師転職ドットコムなど外科医の転職に強い転職サイトに登録してみましょう!

ホーム RSS購読